読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You complete me.

ASH DA HEROさんちのASHさんに翻弄される日々

Flower of ” THIS IS LIFE ”

 

ASH DA HERO ONEMAN TOUR 2016
THIS IS LIFE

 

07/27 TSUTAYA O-WEST
08/19 OSAKA MUSE
08/26 Electric Lady Land

 

改めてお疲れ様でございました。
名古屋を書ききった時に「あー書き終わってしまったー…本当に終わってしまった…」っていう謎の虚無感と心の底から湧き出る達成感。

 

いやーほんと素晴らしかったですね。またワンマンツアーやってほしいです。ということで、記録も含めて今回のツアーであっしゅへ贈ったスタンド花の記録を書き残しておこうと思います。

 

まずは今回のお花達は全て、3月の発表があった日にいつも頼んでるお花屋さんに発注を完了させていました(笑)お花屋さんって少人数でやってる所が多いので、日付決まったら仮予約でもいいから取っておかないと気がついたら配達日の予約が埋まってたとかザラなんですよね(*_*)特に東京

 

同時にアルバムの発表もあって「平和への願い」「二律背反」「100年後の未来」ってイメージが掲げられてて「あ、このイメージで3本立つか」と思ってこの言葉達をベースに粗方のお花のイメージはしてたんだけど、どうせアルバム聴いたらまた変わるやろ(笑)って事で、最終的にガッチリイメージが固まったのは5月の終わりから6月頭でした(笑)

 

そこからお花に使う小物製作や勿論それに伴う小物の手配とかもあったりしてほんとに寝る暇がなかったwww今だから言えるwww

 

そして6/15にアルバムを聴いて見事にイメージがひっくり返るとまでは行かなかったけどインスピレーションが降りてきてスケッチブックにガリガリと書き起こしましとさ(笑)いや~~あっしゅすごいよ。面白いくらいイメージ降りてきてすごい楽しかった~~

 

その間に何人かの友人に突然「ねえこの言葉で思いつく色教えて!?!?」とかって突然ラインして「あっしゅの花か」と言われたのは言うまでもない。協力してくれた友人各位、本当にありがとうございました(笑)助かりました。わたしと同じイメージカラーの人もいたし全然違う人も居てなるほどなあ、と。人の感性って面白いですな。

 

そんな感じでまず東京。
ツアー初日ということでアルバムジャケットをそのまま現実世界に出してきたようなイメージを。

 

f:id:xxatca:20160905092843j:image

 

東京のお花屋さんはセンスの塊なのでいつも丸投げしています(笑)因みに2/19のあっしゅ主催の楽屋花も同じお花屋さんです。今回はイメージカラー伝えたのとアルバムのジャケットを見せただけ(笑)

 

アルバムジャケットが白と黄緑がメインだったのでベースの色はその二色。黒は使わないで欲しかったのでその旨も。檻をどうしようか迷ったんだけど結局やめた。

 

これからツアーが始まるよ!って事で、これから色々なところに羽ばたいてほしい!って事で周りには羽根を付けて頂きました。

 

f:id:xxatca:20160905093014j:image

 

あと「平和への願い」っていう言葉に対するイメージカラーが圧倒的に白が多かったので、バルーンもあえて全て白。水色も一応候補にあったんだけど白と水色ってもうツイッター()とか思っちゃったのと、やっぱりアルバムジャケットを使いたかったのでこうなりました。白7割、緑系3割。オーガンジーは二色とも使用して頂きました。

 

f:id:xxatca:20160905093354j:image

 

そして少なからず電飾をつけてくれるお花屋さんをわたしはここしか知らない(笑)夜ほんと綺麗でした。友達たちがすごい綺麗!って言ってくれたので嬉しかったです( *`ω´*)!プレートも東京だけは製作をお任せしてます。お花全体と合わないものになっても嫌やしね(笑)

 

東京のお花の物語はOvertureからEverythingまで。
本当はもう少し手を加えたい部分があったんだけど如何せん時間がなかった。そういう意味では着手し始めるのが少し遅かったかなあ。次に活かしまーす。

 

次は大阪。真ん中、3公演しかないけど一応折り返しの公演。
大阪の物語はいつかの街でからNever ending dreamまで。アルバムのトラックリストのど真ん中の曲たちですね。

 

f:id:xxatca:20160905232226j:image

 

”真ん中”と言う事で、アルバムジャケットのど真ん中にあるハートをイメージしました。大阪の記事に書いたけどこんな感じになるつもりは正直なかった(笑)1/30の主催の楽屋花を出したところと同じお花屋さんです。うーんやっぱり店舗行かないとイメージって伝わりにくいですね。

 

f:id:xxatca:20160905232241j:image

 

お花の全体的なイメージは「二律背反」
最初言葉の意味が分からなくて調べたんだけど、わかりやすく大雑把にいうと”矛盾”って言葉が一番近いみたいですね。そこから更にイメージをぼかして”正反対”って意味合いで今回は制作をお願いしました。なので色は白と黒のみ(のはずがなぜか赤い薔薇を使われて納得がいってないw予定だと白薔薇を黒に染めてもらうつもりだった)

 

ハートの割れ目とかを白薔薇とかで表現してもらいたかったんだけど、うまく伝わらなかったみたいでかすみ草が間にぽつぽつと…(笑)かすみ草ってほんと小さい花だから近くに行かないときちんと見えないうえに、その割れ目にかすみ草を使用したからひび割れがよくわからなくて、全体的に真っ黒なお花になってしまったのが正直かなり悔しい。横から見たら結構ボリュームあったのでその点はよかったけど、想像していたものとかなり違うものが出来上がってたからわりとショックです(笑)

 

まあ友人たちからは好評だったので良しとしますが、今回のこのツアーでやり直したいことはこのお花ただ一つですね(笑)因みにプレートは自分で作成しました。5分もかからず出来る簡単な作業です(笑)お花の邪魔をしたくないのでかなりシンプルめに作成しました。

 

f:id:xxatca:20160905232303j:image

 

 

最後、ツアーファイナル、名古屋公演。

 

いっっっっちばん苦労したし本当に悩んだ!!!!!!!!
名古屋のお話は最後の生命のリレーかHELLO NO FUTUREまで。全体的なイメージは「100年後の未来」ほっとんどOne Hundred Years Laterをイメージに作成して頂きました。因みに1月ワンマンで頼んだお花屋さんと同じところです。基本的に使った事ある所しか使わない(笑)プレートは大阪と同じく5分クオリティ(笑)

 

名古屋はお花屋さんへ出向き、打ち合わせと小物の持ち込みをしました。
持ち込んだ小物はトランクと鳥かごとオーガンジー。ぶっちゃけ持ってくのめちゃくちゃ苦労した(笑)アルバムを聴いてインスピレーションがガンガン湧いてきたので、休みの日にちょっと小物調達をしに行って夜な夜な作成しました(笑)おかげ様で寝不足&針金で指が超痛いの。

 

f:id:xxatca:20160905232407j:image

 

f:id:xxatca:20160905232446j:image

 

まず何故トランクを使ったかって話なんですけど、それはOne Hundred Years Laterのイメージから来たもので、トランクをタイムカプセルに見立てています。100年後の未来まであっしゅの名が残るように、紡げるように。ほんとはmagic spellsっていう願いが叶う本っていう洋書も置く予定だったんだけど(しかも上京難民の本と少し似てる)持ち込むの忘れちゃった(笑)トランクの中のお花は虹色で!って頼んだんだけどちょっとうまくいかなかった(笑)まあでもカラフルで可愛いので良しとします。

 

f:id:xxatca:20160905232519j:image

 

f:id:xxatca:20160905232529j:image

 

f:id:xxatca:20160905232551j:image

 

f:id:xxatca:20160905232558j:image

 

次に鳥籠。なんで鳥籠かって話なんですけど、Overtureで鶯が鳴いているのでそこから来ています。籠の中には時計を仕込んであって、時間は09:21で止めてあります(笑)察して(笑)そして鳥かごには鳥さんをくっつけてあります。鶯の人形みたいなのをめっちゃ探したんだけど、どこをどんだけ探しても見つからなかった。メジロはあったんだけどサイズが合わなかったりで却下。羊毛フェルトをやってる時間もなかった。まあでも結果的にはオレンジの鮮やかな鳥さんが目立ったからよかったかな!

 

f:id:xxatca:20160905232614j:image

 

鳥さんが籠の外に出ているのはわざとで、飛び立つ鳥を一応あっしゅに見立てています。これから飛び立つ鳥は籠の中にいたらだめでしょうってことで。

 

この鳥籠の中には小さな花束とじょうろが置いてあって、このじょうろで下にあるタイムカプセル(トランク)に水をあげてくれればいいなと思って付けました。

 

f:id:xxatca:20160905232631j:image

 

この3公演のお花の色は白黄緑(東京)→白黒(大阪)→白黄緑(名古屋)とリレーになるように組んでいます。まあ3公演だから最初と最後が必然的に同じ色になってしまうんだけど、どうしても色と形を最初に戻したかった。当初は大阪の白黒からの名古屋はロックスターっぽい感じで赤黒の予定だったんだけど、アルバム聴いたらイメージ違いすぎてやめたのと、色が最初に戻らない!ってなって却下。

 

なので名古屋公演のお花が東京公演と似ているのはわざとです。名古屋のお花の周りを囲っている白と黄緑のオーガンジーは東京公演で使用したものを使っています。最後にリレーでまたここに戻ってくるという意味で。そして名古屋のお花のみに鳥籠がついているのはまたここからあっしゅの物語が始まる序章(Overture)の意味を込めて。名古屋に羽根がないのはもう飛び立てる鳥に羽根はいらないでしょうってことで無くしました。

 

こうしてわたしのシアターオブフラワー(笑)が完成です。
1本1本のお花にももちろん意味や想いはたくさん込めているけど、3公演分のお花がそろった時に、全てが繋がっていて、またここから始まるっていうわりと壮大なスケールな1つのお話になっていたのでした。

 

一人でスタンド3本立てるって我ながら頭おかしいよなーと思いつつ(笑)、すごく楽しんでやっていました。やり始めたら本当にあっという間で、なんなら時間が足らなさすぎた。少なくとも4か月はあったんだけどおかしいなあ(笑)そして久しぶりに家でスケッチブックとペンを握りました(笑)配達と入りの時間が合うかわからないから、あっしゅがこのお花を見たかどうかは正直わからないけど、お手紙とかで少し話したので伝わっていれば嬉しいですね。

 

以上!ざざっと書いたけど見てる人いるのかなこれ!(笑)
まあこれもワンマンツアーの記録ってことで(笑)今度に活かせればいいな~~!名古屋公演のお花を見たときは「あ~~!!やりきった~~!!」ってちょっと涙が出そうになったのはここだけの話である(笑)

 

おわり。